Blogブログ

最新のトレンドや、当店イチオシのオシャレ情報をお伝えします。

エレメアドライの評判が良いところ良くないところを美容師がまとめてみました

ELEMEA DRY(エレメアドライ)の評判が良いところ良くないところを美容師がまとめてみました

こんにちは、西梅田の美容室eyl(エイル)の平野です^^

先日、お店のドライヤーにクレイツのELEMEA DRY(エレメアドライ)を仲間入りさせました。

しばらく使ってみて美容師から見た感想と、お客様の評判も含めて良いところ残念なところをまとめてみました。

健やかな髪質を保つために欠かせないドライヤー。

そのドライヤー選びの参考になりましたら幸いです!

エレメアドライの特徴

5段階温度可変式ドライヤー

何と言っても大きな特徴は、温度調節のできるドライヤー

「ヘアアイロンには温度調節機能があるのに、ドライヤーはみんな同じ温度でいいの?」

というコンセプトで作られたエレメアドライは、40℃・60℃・80℃・100℃・120℃の5段階とCOOL(冷風)の温度調節ができデジタル表示されます。

温度調節ができると何が良いの?

例えば髪の根元と毛先で乾かす温度を変えてあげることで髪に与えるダメージが軽減されますし、髪の水分を保ちパサパサになりがちな髪を瑞々しく仕上げることもできます。

また、人によって毛量や髪質髪のダメージ具合など違いますが、今までみんな同じ温度で乾かしてきたことになります。そのため、自分の髪質に合わない温度で髪を乾かしてしまい、より髪を傷めてしまっていました。

 Point
根本は高温でサッと乾かし、毛先は自分の髪の状態に合った適温でドライヤーすることでドライヤーの当てすぎによるオーバードライで髪を乾燥させすぎることを防ぐこともできます。

髪に合った温度については、後ほど詳しく解説します。

プレミアクレイツイオン®配合

特許技術であるプレミアクレイツイオン®とは、髪に良い遠赤外線の一種を放出するミネラル鉱石です。(簡略)

詳しくは、公式ホームページに書いてあります。

数十種類のミネラルを含み、動植物の細胞活性に効果的に作用する遠赤外線の一種を放出する天然鉱石をパウダー状にした多元素含水ミネラル鉱物。

ELEMEA DRYのドライヤーと吹出口

エレメアドライには、このプレミアクレイツイオン®がドライヤーの吹き出し口のディフューザーやノズル・本体内部に加工されていて、ドライヤーから放出されています。

 Point
簡単にまとめると、髪に良い遠赤外線がドライヤーから出てきて髪内部の水分バランスを整え保湿してくれるので、髪に潤いやツヤを出し美しい髪へ導いてくれるということです。

どれくらい保湿してくれるの?

ドライヤーによる毛髪水分蒸散比較図

公式ホームページによると、クレイツイオンR未加工のドライヤーと比べて11.9%も髪に水分を残してくれるそうです。

先に紹介した動画の26秒から見てもらえると、もの凄くわかりやすいと思います♪

エレメアドライの製品詳細

公式ホームページに次のように記載があります。

型名 SD-G01PROⅡ
電源 100VAC
消費電力 1400W(温度・風量HIGH設定時)
最大風量 1.40㎥/分
風量設定 Ⅱ段階(HIGH/LOW)
温度設定 5段階(40℃・60℃・80℃・100℃・120℃)/COOL(冷風)
COOLスイッチ ◯(温風・冷風切替)
本体重量 約565g(コード・ノズル除く)
サイズ 約H235×W230×D85mm(ノズル除く)
<ノズル約H85×W75×D45mm)
コードの長さ 約3.0m
加工仕上 プレミアクレイツイオンR加工(本体内部・ディフューザー・ノズル)

※商品は品質改良の為、予告なく仕様を変更する場合がございます。

エレメアドライの評判

残念なところ

ボタン多っ!!ってところ

ELEMEA DRY(エレメアドライ)ドライヤーのボタン
サロンでお客様にエレメアドライ見せると大体の人がボタンを見て一瞬、固まりますwww

そして、「覚えられない。私にはムリ!」ってなるみたいです」^^;

でも実は、意外と簡単で

ボタンの位置 ボタンの動き
1番上の左右ボタン HIGH(強風)・LOW(弱風)
2番目の左右ボタン 温度調節
3番目のボタン 電源
内側のボタン 温風・冷風

ボタンの説明をすると「それなら大丈夫そう^^」と笑顔になっていただけます♪

電源ボタンが長押し

慣れるまで電源ボタンを押しては「あれ?あーそうだった長押しだった。。。」ってなります。

 追記
先日、お客様とお話している時に
「私、パナソニックのストレートアイロン使ってるんですけど、同じく電源ボタンは長押しなので問題ないですよ^^」
と教えていただきました。他にも長押しボタンのヘアケアグッズを使われている方がいるかもしれませんね。

温度が40℃スタート

電源を入れると毎回、40℃からスタートするので+ボタンをピッピッピッってするところからスタートします。

最近は、髪にダメージを与えないための配慮かな?とエレメアドライの愛情を受け取っています♪

良いところ

エレメアドライの良いところ

温度調節ができる

エレメアドライの特徴でも説明したとおり、何よりも温度調節できるところです。

美容師は、お客様の髪質やダメージ具合を見ながらドライヤーを髪に近づけたり離したりして温度調節することができますが、お客様がお家で髪を乾かす時はそういうわけにいきません。

潤いのある健康な髪を維持するには、ホームケアがとっても大切です。「ヘアカラーをしたから髪が傷んだ」と思っている方が多いのですが、365日のお家でのヘアケアで粗悪なシャンプーやトリートメントを使っていたり、誤った温度のドライヤーを当てすぎていたりなどが髪に与える影響はとても大きいのです

その点、適温で髪に良い遠赤外線が放出されるエレメアドライは優れもので安心ですね♪

手触りが良い

エレメアドライを使った感想として1番多くいただく声が「風が柔らかくて熱くない」と「ドライヤーした後の髪がいい感じ♪」というお声です。

 Point
美容師の僕たちも施術をしていて、仕上がった髪の水分が残っていて手触りが良いなと感じます。

とはいえ、ヘアサロンで施術しているのだから「ドライヤーした後の髪がいい感じ♪」なのは当たり前では?と思われると思います。しかし、いただいた感想は自宅で使われている方のお声も含まれています

といいますのも、当店ではエレメアドライの販売もさせていただいており販売開始の初日からすぐに売れてしまうほど人気っぷりで、昨日も旦那様とのデート前に施術に来店くださったM様が「あれ(エレメアドライ)めっちゃ良いですね♪」とニコニコ笑顔で教えて下さいました^^

更に突っ込んで「他のお客様の参考までに、具体的にどんなところが良かったですか??ボタン操作は問題なかったですか??教えてください^^」と聞いてみたところ

M様「ボタンは意外とすぐに慣れましたよ♪具体的にと言われても困りますけど、何となく乾かした後の手触りが前みたいにパサパサしてないというか滑らかだなって感じますね。あと、家でも今まで使っていたドライヤーと比べてみたんですけど、やっぱり風が柔らかいなって感じました!決して風が弱いわけではないのに不思議ですね^^

このように教えてくださいました!M様いつもありがとうございます!今回の髪型も旦那様に褒めていただけましたか?また来月、聞かせてください♪楽しみにお待ちしております^^

M様が「家でも今まで使っていたドライヤーとエレメアドライを比べてみた」と仰ってくれていましたが、eylではエレメアドライに興味を持っていただいたお客様にお店で実際手にしていただき、髪にドライヤーの風をあてていただいたり、他のドライヤーと比べていただいたりしています。

もし、実際に触って確かめてみたい方は遠慮なくお声がけくださいませ♪

価格がお手頃

お買い物

主要メーカーのドライヤーの価格を比較してみました。

メーカーと商品名 価格
エレメアドライ 19,800円(税込)
ダイソン 49,500円(税込)
パナソニック ナノケア
(EH-NA0E)
32,780円(税込)
レプロナイザー 4D Plus 57,200円(税込)
リファ ビューティックドライヤー 36,300円(税込)

ドライヤーといえば、ダイソンやパナソニックのナノケア・レプロナイザー・リファなどが有名ですが2万円を切って購入できるエレメアドライは断トツでお手頃価格ですね。

価格はお手頃ですが、他の高級ドライヤーと比べて引けを取らず髪にしっかり水分を残してくれるところはおすすめポイントですね♪

エレメアドライの適温について

エレメアドライは、40℃・60℃・80℃・100℃・120℃の5段階温度とCOOL(冷風)の温度調節が可能です。

公式サイトでは、温度設定の目安を次のように紹介されています。

温度設定の目安
40℃~60℃ ハイダメージ・軟毛・細毛
60℃~80℃ クセ毛・ダメージ毛・細毛
80℃~100℃ 普通毛
100℃~120℃ 多毛・硬髪・太毛

※温度表示は、吹出口から約3cmの温度を表示(日本工業規格JISの規定による計算)

髪が傷む温度とは?

美容師の僕から、更に付け加えて説明させていただきますと、人の髪の毛は110℃の温度から傷むと言われています。そのため、基本的には100℃以下で使っていただくことをお勧めします。お客様の髪質によって120℃で使用いただく際には、髪からドライヤーをしっかり離してご使用ください。

また、先にも説明してきたとおり髪の根元と毛先で乾かす温度を変えていただくと、髪により水分を残し潤いのある髪に仕上げていただけます。

温度設定の目安をわかりやすく表にまとめましたので、ご覧ください。

髪の
部位
髪の状態 温度設定の目安
髪の
根元
100℃~120℃
毛先 カラーをしている 100℃くらい
ブリーチをしている(1回) 80℃くらい
ブリーチをしている(2~3回)or傷んでいる 60℃くらい

あくまで目安になりますので、できるだけ担当の美容師さんに聞いていただくのが1番いいですね。

当サロンに来店いただいた際には、1人1人に合った適温やドライヤーの当て方のポイントをお伝えしますので楽しみにしていてくださいませ♪

西梅田の美容室エイル(eyl)では、お得なクーポンをご用意しご予約をお待ちしております。
サイト限定のクーポンもご用意しておりますので、ぜひご覧ください。
クーポンを見る

エレメアドライを販売しております

また、今回ご紹介したクレイツのドライヤー、エレメアドライを通販でも販売しております。

人気商品のため、店頭在庫が売り切れることが多々あります。
来店時、その日にお持ち帰りされたい場合は、通販サイトから購入いただき「店頭で受け取る」を選んでください。

⇒エレメアドライ購入ページを開く

何か不明点がありましたら問い合わせフォームLINE公式アカウントにご質問ください。

 追記
現在、大人気のためメーカー欠品中です。。。
再入荷のご連絡はLINE公式アカウントにて発信させていただきます!
また、再入荷も「数量限定となりそうです」と連絡を受けております。
入荷待ちをご希望の方は、お問い合わせフォームLINE公式アカウントにご連絡くださいませ。

それでは、次回の記事でお会いしましょう♪
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 eylのクーポンはこちら

 営業時間やアクセスなどサロン情報はこちら

 通販サイトはこちら

 ホームページへ戻る

ACCESS MAP

 
営業時間やサロン情報を確認する

関連記事